ニュースリリース


  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2006

TOP > ニュースリリース

2017

2017/7/30
弊社が韓国国内で多くの実績を有した、ボイラー用の長尺連続曲げの最新システムベンダーが韓国国内での特許となりました。

韓国特機 C-FRAME SYSTEM BENDER
韓国特許 2-Head 2-Radius System Bender
2017/7/28
設計業務を主体として、2012年06月26日 YSK VIETNAM Co.,Ltd.を設立して、本年で創設5周年を迎える事が出来きました。 創設当時は、スタッフも4名でしたが現在8名のスタッフの下で、本社の設計支援を行って頂き、重要な部署として成長致しました。
07月28日に、来賓含め総勢21名にて「5周年記念式典」を行いスタッフ一同、次の10周年に向けて更に、成長する決意を致しました。


2017/7
MF-Tokyo2017 (プレス・板金・フォーミング展) に出展しました。
MF-Tokyo2017 (プレス・板金・フォーミング展)が、2017.07.12 ⇒⇒07.15 東京ビッグサイトに於いて開催されました。 多くの方々が来場賜り有難うございました。
弊社は、初回開催以降連続して5回目の出展となります。
今年は、高水圧技術を「concept」とした「高精度・高水圧発生装置」の展示を行い、制御システムの実施をおこない耐圧装置、塑性加工への応用に対し関心を得ました。
また、「成型サンプル展示・パネル展示・会社PROFIL・各装置のVTR」展示を行い盛況に終えました。
2017/6/19
日刊工業新聞6/23付け 
大阪北部産業界特集に掲載されました。

2017/6/20
2012年6月のVN-YSK 設立と同時に本社とTV会議を導入していましたがこの度、東京営業所とのTV会議を導入し本社・東京・VNとのネットワークが可能となりました。
また、お客様の東京営業所の来社による本社のバックアップも充実となりました。
2017/5/16
日本鍛圧工業会がMF感謝表彰制度を2010年01月に制定され、2年毎に実施されておりこの度20107年5月16日の第69回定期総会に於いて弊社社員2名がMF優秀社員表彰を受けました。
●技術賞 技術部 武内 大
●技能賞 生産部 立川 恵吉


2017/1/6
東京営業所が同じ浜松町港区内に移転しました。
2017.01.06より、新事務所で営業開始いたしました。


2017/1
2017年 安全スローガン決定
「 安全は、 1人ひとりの 意識から!! 目指そう 無事故 無災害 ヨシ!!」
年間スローガン 安全は、 1人ひとりの 意識から!! 目指そう 無事故 無災害 ヨシ!!
月間スローガン 1月 ヘルメット あなたを守る 守り神
2月 気を抜くな 慣れた作業に危険が潜む 無駄だと思うな 手順の確認
3月 まぁ良いか 横着態度 なくしてつくる 安全職場
4月 油断せず 出社してから帰宅迄 今日もみんなで 無事故で仕事
5月 VDT 連続作業は不調の元 必ず急速 目の保護
6月 作業を行うその前に 五感活かして 危険予知
7月 その手その足出す前に 一呼吸して 安全確認
8月 見えない電気 気を付けて 仕事の汗が命取り
9月 アーク溶接 作業の前に 水漏れ確認
10月 無理しない 少し休んでリフレッシュ 個々と身体の健康管理
11月 小さな火種が奪うもの 職場 財産 あなた自身
12月 昨日のヨシは今日の否  毎日変わる 危険個所

2016

2016/09/02
平成26年度補正ものづくり革新補助金事業の認可。
パイプベンダー、ハイドロフォーミングの金属塑性加工は、製品形状・素材材質・素材肉厚等の諸条件に影響する為に、お客様からのご相談時には解析など経て検討を行いますが、最終的には試作装置による試作品の検証後に、量産機のお手伝いを行う事としております。
この度の、「ものづくり革新補助金事業」の認可により既存設備に対しより機能を設けてより多面的な試作対応可能となります。
2016/6/22
日刊工業新聞6/23付け 
大阪北部産業界特集に掲載されました。

2016/5/13
鋼管水圧試験装置に於ける「シール方法」に付き共同特許証交付

2016/5
平成28年度塑性加工春季講演会

平成28年度塑性加工春季講演会が2018年05月20日~05月22日の間、京都工芸繊維大学 松崎キャンパスで開催されました。
弊社は、コマーシャルセッションにて、「高水圧による ハイドロフォーム、耐圧・疲労試験装置」について、装置の紹介をさせて頂きました。
高水圧をコンセプトとした商品の一例で、何れも弊社の主力装置に付きご紹介させて頂きました。
抜粋資料

2016/1
2016年 安全スローガン決定
「 守ろう 安全 仲間の為に! 欠かすな 確認 己の為に! 」

弊社は、1983年07月より「ゼロ災害運動」を導入しています。 職場の安全と健康を先取りする、というこの運動の基本理念は”人間尊重”それはHYPREXの「お客様に満足・安心・安全な製品をつくるための機械装置づくり」と相通じるものが有ります。
人間尊重の理想的な職場環境があって始めて「創造する技術で社会に貢献」できる製品が生み出すことができる。これは、既に社会通念でありHYPREXの堅固な信念でも有ります。

2015

2015/7
MF-Tokyo2015 (プレス・板金・フォーミング展) に出展しました。

MF-Tokyo2015 (プレス・板金・フォーミング展)が、2015.07.15 ⇒⇒07.18 東京ビッグサイトに於いて開催されました。 多くの方々が来場賜り有難うございました。
弊社は、初回開催以降継続して4回目の出展となります。
今年は、「VECTOR SYSTEM 曲げパイプ生産システム」の「パイプ三次元測定機」の展示による実演を行いました。
VECTOR SYSTEM は、パイプベンダー専用に開発されたシステムで、マスターデータと測定後誤差を自動的に、曲げデーターを補正する事が出来る特有の機能を実演により来場者の関心を得ました。
また、「成型サンプル展示・パネル展示・会社PROFIL・各装置のVTR」展示を行いました。弊社の来場者は、前回同様に約450人程度賜り盛況に終えました。

2015/6/23
日刊工業新聞6/23付け 
大阪北部産業界特集に掲載されました。

大阪市内の淀川、東淀川、西淀川と高槻市、茨木市、豊中市等10市町からなる大阪北部は、大阪府内でも様々な「顔」を持つ特殊なものづくり企業が多数集積しています。
弊社も、その一社でこの度「有力企業のトップインタビュー」が掲載されました。

2015/3
「強度中空断面の成形方法」に付き共同特許証交付

2015/1/29
2015年 安全スローガン決定
潜む危険を見つけ出し より良い機械を創り出す
われらヤマスイ目指せゼロ災

弊社は、1983年07月より「ゼロ災害運動」を導入しています。 職場の安全と健康を先取りする、というこの運動の基本理念は”人間尊重”それはHYPREXの「お客様に満足・安心・安全な製品をつくるための機械装置づくり」と相通じるものが有ります。
人間尊重の理想的な職場環境があって始めて「創造する技術で社会に貢献」できる製品が生み出すことができる。これは、既に社会通念でありHYPREXの堅固な信念でも有ります。

2014

2014/11/19


弊社は、「池田泉州ホールディングス・池田泉州銀行」主催の
『ビジネス・エンカレッジ・フェア2014』に出展示致します。

~関西から新たな未来を~ のタイトルの下で地域の経済活性化へのお手伝いが出来れば幸いです。

■会期  12月09日(火)、10日(水) 10:00~17:00
■会場  大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 3階、12階
      (大阪市北区中之島5-3-51)
■入場  無料
■展示  ハイドロフォーム成型品、装置模型、パネル展示、会社紹介動画放映


『ビジネス・エンカレッジ・フェア2014』ホームページ

2014/09/18
「太陽光発電システム」導入で、極僅かですが「CO2排出削減とエネルギー自給率」に貢献しています。

日本のエネルギー自給率が僅か4%ですが、世界のエネルギー需要が急速に増えており「地球温暖化」へ急速に進む中、弊社もクリーンエネルギーの利用促進するため、太陽光発電システムを導入しました。


(事務所棟)

(倉庫棟の一部)

弊社では、オフイスと工場の一部に50.0KWhの発電システムを導入し年間の推定発電量は約44,000KWになります。
これは、年間のCO2排出削減量は約22tとなり、原油消費削減量としては年間約10,000リットル、杉の木約1550本の植林したのと同じ効果が有ります。
また、災害停電時には、太陽光発電システムを非常電源とした電力供給設備も備えています。

2014/06/26
日刊工業新聞6/26付け 大阪北部産業界特集に掲載されました。

地域の産業振興の現状や今後の展望などを全国に発信する特集として日刊工業新聞6/26付け「創造力で未来をつかむ 大阪北部産業界」をタイトルで掲載されました。
弊社は、トップインタビューを受け掲載が有りました。

2014/04/01
「デマンド監視システム」導入で電気使用状況を24時間監視しています。

弊社は、「デマンド監視システム」導入で電気の使用状況を24時間監視し、「見える管理」を行っています。

最大需要電力(デマンド値)を低く設定し、日々の「ピークデマンド」「電気使用量」「CO2排出量」「前日比、先週比」などを開示し、社員全員が「節電・省エネ」活動に努めています。

2014/02
豊中商工会議所2014年02月号会報誌インタビュー掲載

2013

2013/07/31
MF-Tokyo2013  (プレス・板金・フォーミング展) に出展しました。

MF-Tokyo2013  (プレス・板金・フォーミング展)が、2013.07.24 ⇒⇒07.27 東京ビッグサイトに於いて開催されました。つきましては、幣展示ブースに多くの方々が来場賜り有難うございました。
弊社は、2009年度の初回開催以来継続して出展を行っておりますが、今年は装置の展示・実演は行わず「成型サンプル展示・パネル展示・装置模型・会社PROFILのVTR」展示を行いました。また、テクニカルセミナーに於いては若手技術者による「管のドローベンド・プリフォーム・ハイドロフォームによる矩形断面曲り部のシュミレーション」に付き講演を行いました。
MF-Tokyo2013の来場者数は29.631人と前回より来場者数も増え、幣ブースへも装置展示を行っていないにもかかわらず 平均100人/日 延べ400人程度の来場賜り盛況に終えました。

2013/06/28
日刊工業新聞6/25付け、大阪北部産業界特集に掲載されました。

 日刊工業新聞6/25付け、「大阪北部産業界」特集に掲載されました。大阪北部のモノづくり企業の一社として創業83年間、油・水圧応用装置の専門メーカーにて顧客の悩みやニーズに応え「宿題解決型」企業として、顧客の問題を解決する装置を設計製作しています。

2013/05/20
電磁弁4DE10T-1をモデルチェンジ致しました。

この電磁弁は、連続100万回の切換え動作テストにより高耐久性を実証し尚且つ、販売価格の低減にて提供する事が可能となりました。2013年05月より販売開始しています。

2013/03/15
台湾TIMTOS 台北国際工作機械展に出展しました

TIMTOS 2013 台北国際工作機械展が、2013年03月05日~3月10日 台北世界貿易中心展示ホール及び南港展示ホールで開催されました。弊社は、一心機械工業股份有限公司殿の展示ブースに「全自動小型ハイドロフォーム&フレキ成型機 HDL-CHB-40」を展示してフレキ加工機の実演を行い、盛況に終えました。出力領域

2013/02/18
「合成床版用プレス加工機」共同特許証交付

当装置は、ブレストレス・コンクリート構造(PC構造)のは小型のウェブ等に使用される大型の波形鋼板の成形装置で、V字状に表押し及び逆V字状に裏押しプレス加工にて波形鋼板の成形を行う特殊プレス 加工機です。弊社は、三菱重工鉄構エンジニアリング殿に当設備を納入し共同特許出願致しました。

2012

2012/08ベトナム事務所設立
2012/07「商工振興」掲載

2011

2011「豊中商工会議所12倍活用マニュアル」掲載
20112011年度 ものづくり最優良企業賞
2011/10「SERVOMETALFORUM」掲載

2010

2010生産管理システム
2010豊中商工会議「企業探訪」掲載

2009

2009/01鍛圧工業会会報「たんあつ」掲載

2006

2006NSKサンプルパネル

2004

2004豊中商工会議-企業探訪
2004ハイドロフォーミング「ステアリングコラム」

2000

2000生産管理システム


  PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です (無償)。
インストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。
左のバナーよりダウンロード・インストールをしてください。