製品紹介


YPB-704Fパイプベンダー


概要

 本機は、パイプ端面のフランジの有無にかかわらず単曲げから立体曲げ加工に至るまでの曲げ加工を行う事の出来る数値制御油圧式パイプベンダ-です。3軸(曲げ角度、回転角度、及び送り量)の数値データー入力により押釦を押すだけで任意に曲げる事が出来ます。
曲げデータはタッチパネルにて入力或いは管理盤(オプション)による設定が可能で、管理盤により、上位よりのデータ授受も構築可能です。



特徴

1.金型交換の容易 (Easy to change die)
  • ①チャック装置及び芯金装置の横移動の数値化及び芯金出し量の数値化により段取り換えが容易です。
  • ②曲げ型、クランプダイ・プレッシャーダイの取り付けの簡素化により作業性の向上
  • ③芯金脱着は、カップリング方式を採用する事で容易化


2.作業性の向上 (Working improvement)
  • ①フランジ孔振りの角度設定及びフランジ孔の自動検出
  • ②チャック把握力量(2段階)により、薄肉時のパイプ変形を防ぎます。
  • ③最終曲げ完了後、パイプ余長が有る時は自動的に、前進端迄搬出する為取り出しが容易です。
  • ④前進端搬出後、ワークが上に向いた状態で取り出しが危険時、割り込み手動によりワークの取出し容易な位置へひねりが可能。
  • ⑤パイプ挿入時の容易化の為、ローデイングポジョンが任意に設定出来ます。
  • ⑥芯金ストローク拡大により、パイプ挿入・取り出しが容易です。
  • ⑦チャック装置及び芯金装置の横移動の数値化及び芯金出し量の数値化により段取り換えが容易です。
  • ⑧芯金棒座屈防止装置の搭載により、パイプ引込時の座屈を防止します。
  • ⑨クランプハーフ機能により、パイプ挿入時にパイプをサポートする為作業が容易


3.操作性の向上 (Operation improvement)
  • ①作業環境に応じた、デスク型操作盤 及び ペンダント式操作盤の選択が可能が可能です。
  • ②インターロック画面により、動作条件が認識できる為、操作・作業性が向上します
  • ③アラーム画面により早期異常発見が容易です。
  • ④自動・短管・単動モードの構成により、使用状況に応じた操作が選択出来ます。