製品紹介


TOP > 製品紹介 > FORM製品一覧 > ボイラーチューブ用 > 縦列型ボイラーチューブシステムベンダー 

縦列型ボイラーチューブシステムベンダー 



概要

搬入装置上に挿入された長尺のボイラーチュブを、予め操作盤にて入力されたデータ又は上位よりの通信等による曲げデータに基づき、冷間又は、熱間で自動的に連続曲げ行うシステムです。
サイドブースターにより、安定した曲げ形状を得られまた、肉厚チューブ及び難易度の高い曲げを可能とする為に高周波加熱装置を装備しています。


特徴

  • ①軸制御部は、ACサーボモータの採用より、精度よく滑らかな動作の確立。
  • ②クランプ方式は、金型二つ割式による直動型の為にU曲げ後も容易にチューブを送り出す事が出来ます。
  • ③送り装置は、オーバーハング方式の採用より、曲げ干渉が小さくまた、曲げセンター迄チューブを送る事が可能です。
  • ④反転装置を設ける事で、同一曲げ方向で連続曲げが可能となり、装置スペースが小さくて良い。
  • ⑤ロータリクランプで、ワーク反転時に保持しますので位置ヅレせず、抵抗もなくスムーズに反転出来ます。
  • ⑥終端ベンダーにより、曲げ始め及び終わり時の端曲げが可能な為に、サイクルタイムが短縮されます。
  • ⑦曲げ段数が少なくて、長さが短い場合はオープンチャックでワークを反転できる為にサイクルタイムが短縮されます。
  • ⑧曲げ途中でのオフセット曲げが可能です。
  • ⑨曲げ助成装置により、曲げに連動してワークを助成します。




●高曲げトルクにも拘らず曲げをACサーボモーター駆動制御
●ベンドヘッドの昇降及びシフト動作のACサーボモーター駆動制御
●パイプ送りのACサーボモーター駆動制御