製品紹介


TOP > 製品紹介 > FORM製品一覧 > ボイラーチューブ用 > 並列型ボイラーチューブシステムベンダー

並列型ボイラーチューブシステムベンダー



概要

搬入装置上に挿入された長尺のボイラーチューブを、予め操作盤にて入力されたデータ又は上位よりの通信等による曲げデータに基づき、左ベンダーと右ベンダーの組合せにより自動的に連続曲げを行うシステムです。
曲げは、冷間又は熱間の選択が可能です。特に、当装置にはバックブースト装置が装備されており冷間で小半径曲げが可能です。 冷間又は熱間曲げの選択範囲が拡大し、曲げ仕様に応じた適切な選択がより可能となりました。


特徴

  • ①軸制御部は、ACサーボモータの採用より、精度よく滑らかな動作の確立。
  • ②クランプ方式は、金型二つ割式による直動型の為にU曲げ後も容易にチューブを送り出す事が出来ます。
  • ③バックブースト・サイドブースト装置の採用により、より難易度の高い曲げが可能です。
  • ④プレッシヤー力は、圧力制御にてチューブ仕様に応じ再現性の高い制御となっています。
  • ⑤リトラクトバックブースト受けにより、バックブストの反力を相殺する為に、ベンドヘッドは通常の装置でシステム構成が可能となり、シンプルな構成となりました。




●高曲げトルクにも拘らず曲げをACサーボモーター駆動制御
●ベンドヘッドの昇降及びシフト動作をACサーボモーター駆動制御
●パイプ送り及び捻りをACサーボモーター駆動制御
●ブースト多段制御(曲げ角度に対し任意に設定可能)